福岡開催:洋風コメディ

チケット予約はこちら→click

スタンダップコメディとは?

「起立」という意味ではありません!

複数人で行う「ぼけ」や「つっこみ」の日本の漫才とは違い、一人のピン芸人が小さい劇場やバーのステージに立って漫談することです。

スタンドアップはとても表現力豊かな芸で、出演者同様、ネタも多岐に渡ります。何気ない日常の話やギリギリトーク、秘め事、政治批判、人種差別ジョークなど多種多様な内容が盛りだくさんです。このスタンドアップコメディは、観客はただ傍観するだけではありません。コメディアンの人と一緒に交流する場であります。

 コメディ・フクオカとは?

東京では約10年に渡る英語の「スタンドアップコメディ」が開催されてきました。

関西では2011年から、定期的に夜の部で行われています。そして2015年は福岡にも「スタンドアップ」が初上陸します!

コメディ・フクオカは昨年、オリー・ホーンに寄って創立されました。

私達はお客様にバラエティーに富んだ時間を過ごして頂くため、日本を拠点に置き、世界各国のコメディアンたちから結成されています。私達はアジアにおいて、他国のコメディに関するプロデューサーと深い連結を持っており、コメディに関心がある人を奨励し、共同して推進いくよう努めています。ぜひご連絡下さい!

またコメディに関するワークショップを定期的に開催しております。次回のワークショップの詳細は、Facebookにて「いいね」を押して頂き、アドレスを入力しするだけで、私達のメールリストを購読することができます。

オリー・ホーンとは?

オリー・ホーンはフランスのパリで初めてスタンドアップ・コメディを知り、たちまちそれは彼を夢中にさせました。そこでセバスチャン・マルクスに出逢い、これを機にオリーの初ステージが披露されました。

彼はオックスフォード大学財団劇グループのMCを務めるようになりました。

更に2014年の夏の香港で開催された活気あるコメディの舞台は、彼がアジアでより多くのステージでコメディ活動ができる自信と希望を与えてくれたのでした。

福岡のようなこれまでに未だ英語のコメディが知られていない地域でこそ前代未聞の舞台を繰り広げていきたいのです。